コールセンターのアウトバウンド業務とは?仕事内容と特徴を解説


仕事内容


仕事選び

コールセンターのアウトバウンド業務とは?仕事内容と特徴を解説

コールセンターの仕事の中には、電話の発信を中心としたアウトバウンド業務があります。アウトバウンドの特徴を紹介するほか、どのような人に向いているのか解説します。

目次

  • コールセンターのアウトバウンド業務とは?仕事内容と特徴を解説
  • アウトバウンドとは、お客さまにみずから電話をかける業務
  • アウトバウンド業務の詳細
    • テレアポ(テレフォンアポインター)
    • テレマ(テレフォンマーケティング)
  • アウトバウンド業務に向いている人の特徴
    • 販売や接客の経験がある人
    • 営業職に興味がある人
    • 気持ちの切り替えが早い人
    • ノルマ達成や昇給にやりがいや喜びを感じる人
    • インバウンドからスキルアップをしたい人
  • 興味を持ったらアウトバウンド業務にチャレンジしてみよう

コールセンターのアウトバウンド業務とは?仕事内容と特徴を解説

求人募集の数も多く、未経験からでも始めやすい仕事として人気の高いコールセンター業務。
コールセンター業務には、大きく分けて「インバウンド」と「アウトバウンド」の2つがありますが、この記事では、後者のアウトバウンド業務について解説します。

アウトバウンドとは、お客さまにみずから電話をかける業務

アウトバウンドとは「発信」を意味する言葉で、コールセンター側からお客さまに電話をかける業務全般を指します。電話を発信する先は、個人のお客さまの場合もありますし、企業のお客さまのこともあります。すでに取引があるお客さまに対して新しい商品やサービスに関するお知らせを行うこともあれば、まったく新規の取引先を開拓することもあり、業務内容もさまざまです。

アウトバウンド業務と対の関係にあるインバウンド業務は、「受信」を意味します。お客さまからかかってきた商品・サービスに関する電話の問合せや申込み、相談、ご意見の受付けなど行います。
インバウンドの詳しい内容については、下記のページを参考にしてください。

コールセンターのインバウンド業務とは?仕事内容と特徴を解説

アウトバウンド業務の詳細

コールセンターにおけるアウトバウンド業務は、具体的にどのようなものなのでしょうか。ここでは、アウトバウンド業務における代表的な業務内容をいくつかピックアップし、それぞれ解説していきます。

テレアポ(テレフォンアポインター)

テレアポとは「テレフォンアポインター」の略で、取引がまだない新規のお客さまに対して、商品・サービスの提案などを電話で行い、外勤営業の訪問や商談のアポイントを取ることが主な仕事です。個人のお客さまだけでなく、企業のお客さまに対して行う場合もあります。
テレアポは営業の起点を作ることが主な目的であり、アポイントを獲得した後に、外勤営業の担当者や社内の担当部署にお客さま情報を引き継いだら、役目は完了す。

テレマ(テレフォンマーケティング)

テレマは「テレフォンマーケティング」の略で、電話によるマーケティング活動全般を表す単語です。すでに商品やサービスを利用しているお客さまに対して電話をかけ、アンケート調査などを実施して感想を聞き出し、その内容を市場調査資料としてまとめて、今後のマーケティング活動に役立てます。

テレアポが新規のお客さまとの接点を作って、営業担当者に引き渡すことが目的であるのに対し、テレマはほとんどの場合、既存のお客さまが電話の対象であり、営業よりもマーケティング寄りの活動である点が大きく異なります。

アウトバウンドを含めたコールセンターの仕事内容や魅力については、下記を参考にしてください。

コールセンターのお仕事とは

アウトバウンド業務に向いている人の特徴

アウトバウンド業務の仕事内容について解説してきましたが、どんな人が向いているのでしょうか。続いては、アウトバウンド業務に向いている人の特徴について解説していきます。

販売や接客の経験がある人

アウトバウンド業務は、電話をかけたお客さまに対し、声だけで自社の商品やサービス内容の魅力を十分に伝える必要があります。そのため、販売業などの接客経験がある人にとっては、比較的入っていきやすい仕事だといえます。
接客業務もアウトバウンド業務も、商品やサービスの内容や特性を深く理解した上で、お客さまにわかりやすく説明を行うという点は共通です。接客業で培った経験は、アウトバウンドでも必ず活かせるでしょう。

営業職に興味がある人

アウトバウンド業務は、コールセンター側からお客さまに電話でアプローチを行い、商品・サービスの提案を行ったり、新規取引先の開拓を行ったりするなど、営業要素の強い業務もあります。ですから、元々営業職に興味がある人や、営業経験がある人に向いている仕事だといえます。
また、電話をかける先が個人のお客さまの場合と企業の場合の2つがあるため、一般的な営業職だけでなく、法人営業のスキルを身につけることも可能です。

気持ちの切り替えが早い人

アウトバウンド業務は、電話に出た相手の都合や興味関心の度合いにかかわらず、電話を発信する側の話したい内容を展開するため、時にはお客さまから拒絶されることもあります。お客さまからのネガティブな反応を避けるのは困難です。ですから、多少お客さまから厳しいご意見をいただいて落ち込んでも、すぐに気持ちを切り替えられる人は、この仕事に向いているといえるでしょう。
気持ちの切り替えが早いと、すぐに次の電話に対応できるため、こなせる仕事の量も増え、成長スピードも早くなります。

ノルマ達成や昇給にやりがいや喜びを感じる人

アウトバウンド業務は「どれだけ電話をかけたか」や「どれだけアポイントを獲得できたか」などによって、仕事の評価が決まります。ですから、コツコツとノルマを達成できる人は、アウトバウンドの適性があるといえます。
また、結果を出せば出すほど会社からの評価は上がりますので、昇給をモチベーションにできる方も、この仕事に向いているといえるでしょう。

インバウンドからスキルアップをしたい人

未経験者としてインバウンド業務を始め、慣れてきた人がアウトバウンド業務に興味を持つのは自然な流れです。アウトバウンドとインバウンド、両方のスキルを持つ人材は、間違いなくコールセンター業務において重宝されますし、アウトバウンド業務で培った経験を武器に、営業職にチャレンジすることも可能です。

興味を持ったらアウトバウンド業務にチャレンジしてみよう

アウトバウンド業務は営業やマーケティングの起点を担う役割だけに、求人件数も多く、未経験者歓迎のものも少なくありません。アウトバウンド業務を経験すると、営業やマーケティングの基礎力を磨くことができますので、営業職にチャレンジしたい人の第一歩としてもおすすめです。
少しでもアウトバウンド業務に興味を持ったなら、まずはアルティウスリンクが運営する求人サイト「エボジョブ」で自分に合った条件の仕事を探してみてはいかがでしょうか。

お仕事の求人詳細はコチラ

詳細は各エリアをクリック↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関東のお仕事一覧

北海道のお仕事一覧

東北のお仕事一覧

中部のお仕事一覧

関西の お仕事一覧

中国・四国のお仕事一覧

九州のお仕事一覧

沖縄のお仕事一覧
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事監修

赤木 学

・役職:部長
・在社期間:19年
・経歴:2002年にアルティウスリンクに入社。コールセンター管理者を経て、現在採用部門の担当へ。
・コメント:アルティウスリンクではオペレーター未経験の方もたくさん活躍しています。まずはお気軽にご相談ください。私たちがしっかりサポートします。

この情報をシェアする

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です